2011年11月05日

笠間で彫るまいか!!


(写真:朝日新聞)

今年も笠間芸術の森公園にて『第22回匠のまつり』と
『いばらきストーンフェスティバル2011』が、一昨日3日(木)か
ら6日(日)の4日間に亘り開かれています。

当地で行われる陶器市は、毎年GWに行われる『陶炎
祭(ひまつり)』が有名ですが、規模こそやや劣るものの
秋のこのイベントも結構な人出でにぎわいます。
今年の目玉は、新聞等でも話題になりましたが、茨城
県石材業協同組合連合会が制作した、東日本大震災
を後世に伝えるためのモニュメント「千年の舟」



↑の写真が「千年の舟」のイメージ図なんですが、この
台座の部分に配されているのが、雅楽の衣装にも使
われ、海を鎮める意味があるとされる波の文様「青海
波(せいがいは)」

この部分が下絵だけの未完成状態になっておりまし
て、これを来場者が“震災の記憶を心に刻む”意味で
彫って仕上げるという趣向。

デザインは、桜川未来塾でも一緒だった、我らが浅賀
正治さん。


ストーンフェスティバルを前に仕上げをする浅賀正治さん

私も初日の3日に行って浅賀さんとお話ししてきました
が、“浅賀ワールド”とでも言うべき、いつもの熱い想い
が伝わってきて、作品を見る目が変わりました。

カメラを忘れてしまい、画像でお伝え出来ず残念ですが、
実際の作品は、台座部分が7つに分けて設置されてお
り、来場者は浅賀さん指導のもと、用意されたノミと金槌
で各自思い思いの部分を彫っておりました。

初日でしたから、まだまだほんの一部しか彫られてい
ませんでしたが、素人が完成させるには相当な延べ
人数が必要な感じがしました。

それでも、一心不乱にノミを振るい続ける小学生もいた
りして、「これをしに来た!!」なんて人が一日頑張ったり
すれば、4日間で完成するかもしれません。

そういえば以前、浅賀さんが「石を彫るという行為は、
何千万年という時代を経た自然の恵みと触れ合うこと
であり、地球と向き合うことだ」みたいなことを言われ
ていたのを覚えていますが、一心不乱に彫っていると、
“無念無想の境地”みたいな、精神修養にもなるよう
です。

ま、平易に言えば、みんなやってみると“ハマっちゃう”
ってことです。

てことで、この連休中に『いばらきストーンフェスティバル20
11』を訪れようと思っている方、また行く予定はなかっ
たけど、これを読んで行ってみようと思われた方(いる
のか?^^;)、

是非「千年の舟」を彫るまいか!!

『いばらきストーンフェスティバル2011』(茨城県石材業協同組合HP)
『岩瀬石彫展覧館』(浅賀正治さんのHP)

『掘るまいか』は、新潟中越沖地震で大きな被害を受
けた山古志村の「手掘り中山隧道(トンネル)の記録」のドキ
ュメンタリー映画です。

「掘るまいか」=掘ろうではないか。

同じカテゴリー(ちいき)の記事画像
ヤマザクラの魅力…目のつけどころが芽なんです2015
今年もがっちり最下位キープ!!…2014都道府県魅力度ランキング
「ご当地メシ決定戦!2014」グランプリ決まる!!…龍ヶ崎コロッケは?!
ご当地メシ選手権決勝…龍ヶ崎コロッケがトップ独走!!
なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を検証してみた(後編)
なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を個人的に検証してみた
同じカテゴリー(ちいき)の記事
 ヤマザクラの魅力…目のつけどころが芽なんです2015 (2015-04-04 01:48)
 今年もがっちり最下位キープ!!…2014都道府県魅力度ランキング (2014-10-10 01:30)
 「ご当地メシ決定戦!2014」グランプリ決まる!!…龍ヶ崎コロッケは?! (2014-09-20 17:15)
 ご当地メシ選手権決勝…龍ヶ崎コロッケがトップ独走!! (2014-09-04 23:39)
 なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を検証してみた(後編) (2014-08-13 01:40)
 なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を個人的に検証してみた (2014-08-12 02:41)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。