今更だけれど、ボジョレーヌーヴォーの話し。

うちも毎年、付き合いのある酒屋さんから「今年は何
本?」なんて電話が掛かってくるんで、一応予約して
買っちゃったりしてる。

でも、よくよく考えると、中身は同じでも空輸便と船便
とじゃ1000円も値段の変わっちゃうものもあって、「ど
んだけ~!?」ってくらい、世の中にボジョレーヌーヴォーが出
回ってる現在、そんなに慌てて買わなくても良いんじ
ゃないの?と思う。
時差の関係で「日本が世界で一番先に飲める…」な
んて誘い文句も、「早く飲まなくちゃ」って気にさせるん
だろうけど、そんなに世界で一番早く飲むことに意味
があるんだろうか…

そんな自分だから、解禁日の17日に酒屋に取りに行
けず(行かず?)、結局飲んだのは1週間遅れの24日。

高いお金払って、浮かれることもなく、早いんだか遅い
んだかわからない微妙な時期に飲んだ今年のボショレ
ーヌーヴォー。

なんでも、今年は50年に一度とも100年に一度とも言
われる“当たり年”らしく、そう言われると、なんとなく
「美味いかな?」って気分にはなるけど、正直のところ
去年より美味いかどうかなんてわかっちゃいない。

ていうか、AOCワインであるヴィラージュと、単なるボジョレー
ヌーヴォーでは…なんて話し以前に、ヴィラージュだってピン
キリで、5千円もするものから千円以下のものまであっ
て、そもそもボジョレーヌーヴォーってなんなんだ?なんて
ことになっちゃう。

結局、解禁日にボジョレーヌーヴォーを飲むことは、“美味
しいお酒を飲む”ってことよりも、単なる“イベント”であっ
て、形としては日本人がこぞって異国の新酒を祝って
るってことなんだろうと思う。

そう考えると、イベント好きの日本人が、業界の仕掛け
にまんまと乗せられて、いつの間にか定着しちゃった
バレンタインデーみたいなもんか?とも思う。

でも、決して「文化」を受け入れてるってわけじゃなく
て、単に「お祭り騒ぎ」が好きなだけなんだよね。

日本古来のイベントは、ちょっと「ダサイ」けど、西洋もの
は「オシャレ」に映ったりするから余計なんだろうね。

白無垢を着て神前で三三九度をする結婚式は「ダサイ」
けど、ドレスを着てチャペルで永遠の誓いを交わすのは
「オシャレ」だからね。

新郎新婦がキリスト教文化となんの縁もゆかりもなくて
も、そんなことは関係ない。

そういや、最近関東でも定着しちゃってる「恵方巻」な
んてのもあるから、節操の無さは西洋文化に限ったこ
とではないのかもしれないけど…

閑話休題。

そんなわけで、その後もボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー
を何本か飲んだけど、やっぱ特に感激はなかった。

それよりも、この前仲間の家で飲んだ純米吟醸の“ひ
やおろし”の方が心から「美味いなぁ」と感じた。

祝うという意味では、常陸秋そばの新そばを食べる
方が遥かに“祝う気持ち”が大きくて、嬉しいし、美味
しい。

チーズとパンで育ってないからねぇ。

米を食べて育った日本人は、絶対日本酒を祝うべき
だと思うよ?

で、よくよく考えると、ボジョレーヌーヴォーに特別な意味が
あるのは「解禁日」があることなんだと思う。

だったら日本も「秋そば解禁日」とか、「ひやおろし解
禁日」とか、解禁日を作ってイベントにしちゃえば良いん
だよ。

そしたら、日本中の酒屋やコンビニに「ひやおろしフェア」
なんてコーナーが出来て、酒屋さんから「今年はひやお
ろし何本にします?」なんて電話が掛かってくる日が
来るかもしれない…

って、きっとないな。

同じカテゴリー(ざっき)の記事画像
2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!
『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング
10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由
いつの間にこんなに!?…カッコよくなったCROCS(クロックス)
おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に
Google検索テク…スゴイ精度の「画像検索」を試して見るべし!!
同じカテゴリー(ざっき)の記事
 2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!! (2015-01-01 14:53)
 『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング (2014-12-31 23:30)
 10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由 (2014-08-30 03:32)
 いつの間にこんなに!?…カッコよくなったCROCS(クロックス) (2014-08-16 03:36)
 おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に (2014-08-10 02:40)
 Google検索テク…スゴイ精度の「画像検索」を試して見るべし!! (2014-08-05 23:04)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。