「2014手帳戦線」、今回は「ライフログ」「目標管理」など、特殊な機能を持った手帳をご紹介します。


最近よく目にする“ライフログ”という言葉。

主にデジタルの世界で使われている言葉で、「人生の記録」といった意味ですが、手帳の世界にも進出しています。

また、自己啓発本などから生まれた手帳も結構あって、「手帳で人生を変えましょう」を謳い独自の世界を築いています。

そんな「目標管理」系の手帳の中には、ガイドブックがないと使い方がわからないようなものもあり、単なるスケジュール管理や日記に止まらず、日々の自己研鑽を怠らない方や、特定の目的を持って使われる方にオススメの手帳です。

◆コクヨ ジブン手帳2014
コクヨS&T/217mm×133mm ¥3,990



“自分の人生がこの一冊に”のコピー通り、まさにライフログ手帳の代表。

工夫を懲らした3冊構成の手帳で、基本となる「DIARY」は「週間バーティカル」タイプ。



ジブン手帳の真骨頂は「LIFE」のパートで、ジブン年表や家系図、人生設計や病歴など記録分野は多岐にわたる。

「IDEA」 はグリッドタイプのメモ帳。



『ジブン手帳2014』


◆フランクリン・プランナー・オーガナイザー
フランクリン・プランナー・ジャパン/A5・B6 ¥2,835



「手帳で人生を…」な手帳の代表。

“人生を変えるタイム・マネージメント・ツール”という手帳は、かの有名なベンジャミン・フランクリンの「13の徳目」をルーツとし、独自のタイム・マネジメント(時間管理)をサポート。



計画・行動を習慣化することで成果を得る「第四世代のタイム・マネジメント・ツール」を謳う。

ベストセラーとなった『7つの習慣』バージョンも発売され、手帳を使うことで「7つの習慣」が身につくという。


フランクリン・プランナー「7つの習慣」ウィークリー

『フランクリン・プランナー』



◆MARK'S MY STYLE AGENDA B6
MARK'S/B6 ¥1,365



“変わりたいを、叶えます。”のコピーにあるように、フォーマットに沿って書き込むだけで「やりたいこと」や「なりいた自分」がわかり、そのために必要なことが見えてくるという手帳。

第1ステップで「好きなこと」を書き出し、ステップ2で「ビジョン」を描き、ステップ3で「そのために2014年にすること」を決め、ステップ4で「プラン」を練って、ステップ5で「振り返る」という流れ。

B6スリムはマンスリータイプ、B6は週間バーティカルタイプ。他によりコンパクトなA6サイズもあり。

『MY STYLE AGENDA』























同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事画像
今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方
新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め
プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50
2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊
かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10
手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編
同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事
 今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方 (2015-02-11 04:26)
 新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め (2015-01-02 12:30)
 プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50 (2014-12-23 03:17)
 2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊 (2014-12-16 00:50)
 かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10 (2014-12-06 01:25)
 手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編 (2014-11-23 13:35)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。