「2014手帳戦線」、今回はとにかく軽い、薄い、持ち運びの手軽さを考えた手帳を紹介します。

やはり薄さ、軽さを求めると必然的にマンスリータイプが中心になってきますので、やや軽さでは劣るもののノートページの多いマンスリータイプ、カレンダーにもなるタイプもご紹介しておきます。


私がそうですが、デスク用にデイリーを使い、普段の持ち歩きにはこの手のスリムタイプをポケットに入れて使うという、二丁使いもオススメです。

◆EDiT B6 スリム スープル
MARK'S/170mm×85mm ¥1,680



EDiTのスリムマンスリータイプ。

記入欄大きめの縦開きがポイントで、全192ページ中132ページがメモ帳となっている。

メモ帳にマンスリーダイアリーが付いている、と考えた方が良いかもしれない。


全10色のラインナップ 金銀のコバが高級っぽい感じ

『EDiT B6スリム スープル』

◆プロフェッショナルダイアリー RPD-3 <スリム>
ミドリカンパニー/216mm×125mm ¥1,150 


ベーシックなマンスリータイプ

216mm×125mmと比較的サイズは大きめながら、92ページという薄さが魅力。

月間スケジュールの他に、年間カレンダー、年間スケジュール、見開き1ヶ月ブロックスケジュール、メモ・To Do リスト、横罫メモ、ID・パスワードリスト、アドレス、プロジェクトシート、To Do シート、と付録も盛りだくさん。


カラーは黒、白、ピンク、膿茶の全4色

『プロフェッショナルダイアリー PRD-3 <スリム>』



◆コクヨ キャンパスダイアリー
コクヨS&T/A7変形(102mm×72mm) ¥336

見開き1ヶ月のシンプルなブロックタイプのマンスリーダイアリー。
横罫ノートもたっぷりなので、メモ帳としても使える。
キャンパスダイアリーは、他にもセミB5、A5、A6とサイズが豊富なのも魅力。

『コクヨ キャンパスダイアリー』

◆PLAYOFF with LIVERTY PRINT
PLAYOFF/160mm×88mm ¥1,050~ 

192ページ120gの軽さながら180度開く糸かがり製本。
ブロックタイプのオーソドックスなマンスリーだが、リバティ柄のカバーが女性に人気。
ハードカバーは全10柄、ソフトカバー(128ページ)は全6柄で¥2,010

『PLAYOFF SLIM』

◆C.D.SCHEDULE BOOK
アピカ/A5 ¥399 B6 ¥367

ロングセラーノートC.D.ノートのマンスリーダイアリー。
ノートページも26ページありたっぷり書き込める。
全6色のラインナップ。

『アピカ』




◆NOLTY Monthly A5
日本能率協会/A5 ¥1,470 

64年ぶりのリニューアルで「能率手帳」から「NOLTY」へと変更になったご存知日本能率協会の手帳。
ブロックタイプのマンスリーは全112ページ中44ページがノートになっている。

『JMAM eショップ』


◆LACONIC A5Custom Premium Monthly
ラコニック/A5 ¥2,100

2013年9月~2014年12月までのブロックタイプマンスリー。
1ヶ月ごとに6ページのグリッドメモが付くので、フリーのウィークリーダイアリーとしても活用できる。

『Diary Shop』




マンスリータイプの中でも、カレンダーとして使えるタイプのものをご紹介します。

◆スケッチダイアリー2014
LABCLIP/215mm×163mm ¥1,470




スケッチブックとカレンダーが一緒になったようなマンスリータイプのダイアリー。スケッチ用紙には、イラストを描いても良いし、メモ欄としても自由に使える。
日付の数字などはすべて手書きフォントになっており、味わいがある。

『2014 SKETCH DIARY』

◆ノートブックカレンダー・マグネット
MARK'S/210mm×148mm ¥1,050

マグネット式の表紙で、卓上カレンダーにもなるマンスリーダイアリー。
一日の書き込み欄が比較的広く、ToDoリストや方眼ノートもあり。

『MARK'S ノートブックカレンダー・マグネット』

◆バーチカルマンスリーウィークリースケジュール
良品計画/A5 ¥945 

無印良品も数タイプの手帳を発売しているが、こちらはカレンダータイプの新作。
カレンダータイプながらマンスリーだけでなく、週間バーティカルも備えている。
168ページあるので、↑の2つと比べると手帳としての使い方がメインとなるが、ポリプロピレンの表紙などシンプルな作りのため低価格。

『バーチカルマンスリーウィークリースケジュール』























同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事画像
今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方
新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め
プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50
2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊
かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10
手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編
同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事
 今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方 (2015-02-11 04:26)
 新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め (2015-01-02 12:30)
 プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50 (2014-12-23 03:17)
 2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊 (2014-12-16 00:50)
 かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10 (2014-12-06 01:25)
 手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編 (2014-11-23 13:35)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。