以前から考えていたのは、開花情報を現場で更新すること。

出勤前の2時間ちょっとで開花情報を更新するとなると、最盛期は1分1秒も無駄に出来ないくらい忙しいのです。
撮影だけして自宅に戻り、デスクトップPCで作業をするという流れでは、自宅と現地との往復の移動時間が無駄になってきます。

拠点である櫻川磯部稲村神社での、宮司やメンバーとのコミュニケーション(情報交換)は削るわけにはいかないし、これ以上の効率化を図るには、撮影ポイント毎に、その場で更新する以外考えられません。

となれば、ノートPCとモバイルルーターが必要になってくるわけですが、photpshopでの写真編集等をサクサク行うには、それなりのスペックのマシンが必要になってきます。

仕事で使う機会のない私が、わざわざ開花情報の更新のためだけにこれを買う余裕はなく、これまで構想は夢のままで終わっていたのでした。

しかし、先日の記事にも書きましたように「寄る年波には勝てず」な今、いよいよノートPCの必要性を痛感し、構想実現に向けた購入計画を進めることにしました。

本日は、以上の使い道を考慮しつつ、私の懐事情と相談し、「15万円以下」で買えるA4ノート(13.3型)を条件に、できるだけコストパフォーマンスの高いモバイルPCを絞り込んでみたいと思います。

まず、候補に挙げたのは以下の6機種。



いずれも第4世代Core i5以上のCPUを搭載した最新のモバイルPCです。

その中でも駆動時間の長さや、windows8.1のタッチ操作に対応した、タブレットとしても使える2in1タイプなど特徴のあるものを選んでみました。

それぞれ、メーカーサイトやメディアでの評価などをじっくりと見て回った結果、私が更に絞り込んだのは以下の3機種。






なんといっても、一番の特徴は本体が4タイプに変形する変幻自在なそのスタイル。

液晶画面を裏返してタブレットのようにも使える2in1機です。

フルHD対応の高精細なタッチパネル液晶(10点マルチタッチ対応)を搭載し、CPUはCore i5、メモリは8GB、ストレージもハイブリッドの500GB+16GBSSDとスペック的にも申し分なし。

バッテリー駆動時間も9.5時間と十分で、コスパや人気度含め、現在購入候補No.1機種です。

ただ、4タイプに変化する機能が私に必要かどうかが問題。



『Yoga 2 13 メーカーサイト』







続いては、東芝dynabook KIRA V634/27KSです。

最大の特徴は、「駆動時間」

なんと約22時間、ほぼ丸一日駆動が可能というものすごいスタミナ具合です。

高負荷を掛ける画像編集など、ガンガン行ってもたぶん半日くらいは余裕で持つでしょう。

もう一つのポイントは「軽さ」

重さはモバイルPCを選ぶ際の重要なファクターですが、1.12kgという軽さは、時に電車内で更新作業をしなければならない時にありがたい。

スペック的にはYoga 2 13と同等ですが、ストレージに高速のSSDを採用しているので、より快適な作業ができるでしょう。

また、13.3型WQHDワイド液晶は2,560×1,440ドットの軽量・高輝度の高画質で、一眼レフカメラでの画像編集作業を行う私には、こちらも大きな魅力です。

筐体は17.9m/mと薄く、シンプルなデザインは3機種の中で一番好み。

惜しむらくは、このV634はタッチパネル非搭載というところ。(上位機種のV834は搭載しています)

Yoga2で悩んだように、たぶん私はタブレット的な使い方をしないと思うので、こちらも購入の最有力候補です。




『dynabook KIRA メーカーサイト』








たぶんPC雑誌や、モノ雑誌などであと1機種取り上げるとすれば、富士通のLIFEBOOKやDELLのXPSあたりになるのでしょうが、最大のコスパを求める私が選んだのは、BTOメーカーであるマウスコンピューターのLuvBook Lです。

とにかくこれだけの高スペックで、驚異の低価格が最大の魅力です。

CPUは他機種が総じてCore i5であるのに対し、ワンランク上のCore i7 4500Uを搭載。

なんといっても、ストレージの高速SSDが最小構成の128GBで10万円を切り(税別)、500GBのSSDを搭載してもたったの13万円以下という激安価格は、カタログを見るだけではダントツのコスパでしょう。

10点マルチタッチ対応パネル搭載の14.0型HD液晶も、1,600x900ドットと満足のいくレベル。

以前は電源が貧弱だとか、サポートがダメだとか、いろいろ言われていましたが、デスクトップを使ったことのある私的にはなんの問題もなし。

また、オープンカフェでPCを開くこともたぶんないであろう私には、「見せる」必要もまったくないので、ブランドにこだわりはありません。

厚みが21.5m/mとやや厚め、重さが約1.81kgと重いところが難点ですが、デザインはシンプルで嫌みがありません。

購入するなら500GBのSSDを搭載したLB-L471X2になると思いますが、スペック対価格という、コスパだけで選ぶとすれば十分候補に挙げたいマシンです。



『LuvBook L メーカーサイト』


というわけで、来年の開花情報更新に向けたモバイルPCを、3機種に絞り込んでみましたが、2in1機の筐体の動きだとか、キータッチの感触など、感覚的な要素はデータに表れてこないので、やはり現物をイジってみないことには始まりません。

「来年までに購入すれば…」と暢気にしていると、これまでのようにまた春先になって後悔することになってしまうでしょう。

ボーナスの出る6月を目標に、実機に触ってもうしばらく悩んでみたいと思います。


同じカテゴリー(ざっき)の記事画像
2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!
『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング
10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由
いつの間にこんなに!?…カッコよくなったCROCS(クロックス)
おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に
Google検索テク…スゴイ精度の「画像検索」を試して見るべし!!
同じカテゴリー(ざっき)の記事
 2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!! (2015-01-01 14:53)
 『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング (2014-12-31 23:30)
 10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由 (2014-08-30 03:32)
 いつの間にこんなに!?…カッコよくなったCROCS(クロックス) (2014-08-16 03:36)
 おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に (2014-08-10 02:40)
 Google検索テク…スゴイ精度の「画像検索」を試して見るべし!! (2014-08-05 23:04)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。