恥ずかしながら喫煙者です。

「恥ずかしながら…」と書かねばならないほど、現在喫煙者を取り巻く環境は厳しいです。
もはやいつ「危険ドラッグ」の指定を受けてもおかしくないほど、喫煙者に対する嫌煙者世間の目は冷たく、こと仕事の場面においては人前で堂々と吸うことなどできたものではありません。

よって、歩きタバコなど言語道断なわけですが、世の中にはまだ火のついたタバコを手に人混みを歩く人がいるらしい。

というのも、駅周辺など、日を追うごとに動線から遠ざかっていく「喫煙所」にあるJTのマナーグラフィックが、ことさら火を持つことの危険性について注意喚起しているからです。

トップの画像は、そんな喫煙コーナーにあったJTのマナーグラフィック。

「700℃」という数字が、とてつもなく危険なものを持ち歩いているという気分を煽ります。

ではいったい、この700℃の温度がどれくらい危険なのでしょう?

さまざまな火の温度について調べてみました。



意外やタバコの温度は低いようです。

それもそのはず、タバコはそもそも「炎」を出しているわけではなく、「炎が発生する最低温度」の1200℃以下なのですから。



ちなみに、この700℃という温度は、タバコの中心付近の温度であり、周辺では300℃程度だそうです。



700℃がものすごく高い温度と感じるのは、水が100℃で沸騰するからであり、これをかぶれば間違いなくやけどをする温度だからでしょう。

もちろん、「根性焼き」よろしく700℃もあるタバコを皮膚に押しつければやけどは免れないでしょうが、ライターやガスコンロの火と比べれば、まだ危険性は低いと言えます。

というのも、やけどは温度と時間の関係で重症度が決まるそうで、一瞬火に触れてアチッとすぐ避ければ、300℃程度ならセーフまたは軽傷ですむでしょう。

お湯や油のように肌にまとわりつくことがないので、経験からすると意外にやけどのリスクは少ないように思います。


…などと書いていると、「自己弁護するな!!」と非喫煙者からお叱りを受けそうなので、自戒の意味を込めて先の「JTマナーグラフィック」の中から「火」について注意喚起しているものを掲載してみます。


これからの季節、お祭りなどの人混みでは、決して歩きタバコなどしないように。


持ち方にもよるでしょうが、吸っているときは間違いなく外を向いていますね。


これは怖いですね。絶対火の付いたタバコを投げ捨てるようなマネはやめましょう。


風のあるときや扇風機のそばなどでは火の粉にも注意しましょう。


ポイ捨ては火災の危険だけでなく、子供が転んだり拾い上げたりしても大変です。


自分のコートだって悔しいのに、他人の高いコートを弁償するなんて…


コート同様ですが、冬場は他人の衣服に触れやすいということでしょう。
ダウンジャケットは簡単に穴が開きます。


冬場は衣服ですみますが、夏場は…もっと怖いですね。


車からの投げ捨ては、「焼夷弾」を投下するようなものでしょうか。

今回は「火」の怖さについてのみ紹介しましたが、「JTマナーグラフィック」は、主に副流煙について注意喚起するものが多く、全部で76ものグラフィックが用意されています。

愛煙家の方は、是非一度すべてに目を通してみてください。

意外に気づかずにやってしまっていることがあるかもしれませんよ。

でも、私もそうですが、一番の予防法は「タバコを止めること」なんですけどね。

もちろん、JTのマナーグラフィックにこれを喚起するものはひとつもありません。



『JTマナーグラフィックギャラリー』


同じカテゴリー(ざっき)の記事画像
2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!
『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング
10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由
いつの間にこんなに!?…カッコよくなったCROCS(クロックス)
おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に
Google検索テク…スゴイ精度の「画像検索」を試して見るべし!!
同じカテゴリー(ざっき)の記事
 2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!! (2015-01-01 14:53)
 『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング (2014-12-31 23:30)
 10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由 (2014-08-30 03:32)
 いつの間にこんなに!?…カッコよくなったCROCS(クロックス) (2014-08-16 03:36)
 おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に (2014-08-10 02:40)
 Google検索テク…スゴイ精度の「画像検索」を試して見るべし!! (2014-08-05 23:04)
この記事へのコメント
たばこには、たばこ国税、たばこ地方税、たばこ特別税、そして消費税の4つの税がかかていて、たばこ特別税の目的は、旧国鉄の借金返済に使われていると言うことです。JRに喫煙所がどんどん減ってますが、何だか納得できません。
Posted by 愛煙家その2 at 2014年08月02日 08:04
>>愛煙家その2さん

同志よ、ありがとうございます。
私もタバコの6割が税金であり、特に28%以上が地方自治体に落ちるものであることは知っております。
それも記事中に示そうと資料も用意しましたが、最近の喫煙者を取り巻く環境は、そんなことすら「詭弁だ!!」と言われかねない厳しい状況であることも自覚しております。
国鉄の件も声を大にして言いたいところではありましたが、世の中の空気にはとても勝てそうになく、つい自虐的な記事となってしまいました。
「いっそのこと危険ドラッグに指定してみろ!!」と言いたいですね。
一昔前のような、喫煙者に対するおおらかな理解のあった時代を懐かしむばかりです。
Posted by ugug at 2014年08月02日 22:23
火種から話が飛び火して、たばこの煙は少し前から話題のPM2.5(>_<)だと最近知りました。
Posted by はせ at 2014年08月03日 01:43
>>はせくん

確かにタバコの煙もPM2.5ですね。
でも、そんなこと言ったらタイヤのゴムが摩耗して飛ぶ粉塵だとか、挙げだしたらキリがないんだよね。

要は、対象となるものの社会的な立ち位置で「迷惑!!」か「まぁ許す」が決まるのだと思う。

例えば、原発事故で亡くなる人より、交通事故で亡くなる人の方が比べものにならないくらい多いわけだけれども、誰も「脱自動車!!」とは言わない。

社会というのは、なかなか道徳だとか理屈だけでは語れない部分があると思うのです。
もちろんタバコを肯定しているわけではありません。為念^^;
Posted by ugug at 2014年08月05日 23:13
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。