ネットで調べものをしていて、写真はあるのだけれど名前や場所がわからない…なんてときに便利な検索方法をご紹介します。

使うのは「Google画像検索」
私もよく利用しますが、キーワードから画像を検索している方がほとんどではないでしょうか?

実はこの「画像検索」は、これとは逆に、画像そのものからウェブページや類似の画像を検索できるのです。

手順は簡単。

ウェブサイトの写真から検索する場合

まずGoogle検索画面を開き、右上にある「画像」をクリック。



すると↓の画面が現れるので、検索ボックス内のをクリックします。



ウェブサイトで見つけた画像から検索したいなら、検索ボックスに画像のURLを貼り付けるだけ。



URLを入力する際は、ウェブサイトの画像の上にポインターを持って行き、右クリックし「画像のURLをコピー」を選択すれば簡単です。



そして、先ほどの検索画面に戻り、URL入力欄に先ほどコピーしたURLを右クリックでペーストすれば完了。

画像の検索結果から、関連したウェブページや類似の画像が検索されます。

ちなみに、先日書いたすいかプリントのテント画像で検索したら、同様の画像はもちろん、FIELD CANDYの他のデザインのテントなどが優先的に検索されていました。




手持ちの画像から検索する場合

手持ちの画像から検索したい場合は、画像検索ボックスの「画像のアップロード」タブを選び、画像のあるPCのフォルダなどから選択します。




ブラウザがクロームなら更に簡単

また、ブラウザがchrome(クローム)ならば、更に検索は簡単で、chromeで開いたウェブサイトの画像を検索ボックスにドラッグ&ドロップするだけ。




検索結果はオドロキの精度

みなさんも様々な画像で試してみるとわかりますが、その検索結果はオドロキの精度です。

アミューズメントスポットの夜景など、「これってどこ?」と思うようなものも、いとも簡単に施設の名前から場所、類似の画像まで瞬時に検索してくれます。

顔写真から検索するのもなかなか楽しいです。

芸能人などは、どんな顔写真を持ってきても、ほぼ100%特定できてしまいます。

それにしても、画像だけでこれだけ関連サイトが検索されるのはなぜだろう?

なんとなく私が感じたのは、これは画像認識だけでなく、サイトの文字情報も関連づけられているなということでした。

詳しい仕組みは私のような素人にはわかりませんが、Googleの公式ブログ「Webmaster Central Blog」によると、やはり、その画像が見つかったページのテキストをもとに識別していると解説されています。

ページのタイトルや本文はもちろん、画像のファイル名やリンク先を示すアンカーテキスト、代替テキストなどの情報までもが識別の対象となるんだそうです。

コンピュータービジョンと呼ばれる「ロボットの目」の進化と、テキストページの検索機能両方の進化で、ここまで精度の高い検索が出来るというわけです。


というわけで、本日は「Google画像検索」について紹介しましたが、Googleの検索機能はスゴイ勢いで進化しています、

書き始めたらキリがないほどですが、また機会があれば役に立つ機能などご紹介してみたいと思います。

ちなみに、画像検索機能はスマホにも対応しています。

「これ有名な建物だけど、なんて言うんだっけ?」なんてときには、是非試してみてください。

『Google』


同じカテゴリー(ざっき)の記事画像
2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!
『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング
10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由
いつの間にこんなに!?…カッコよくなったCROCS(クロックス)
おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に
700℃の火を持つ危険性とは…JTマナーグラフィックギャラリー
同じカテゴリー(ざっき)の記事
 2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!! (2015-01-01 14:53)
 『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング (2014-12-31 23:30)
 10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由 (2014-08-30 03:32)
 いつの間にこんなに!?…カッコよくなったCROCS(クロックス) (2014-08-16 03:36)
 おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に (2014-08-10 02:40)
 700℃の火を持つ危険性とは…JTマナーグラフィックギャラリー (2014-08-01 23:50)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。