みなさんも、アメリカ生まれの軽量樹脂製サンダル「CROCS」を一度は履いたことがあるのではないでしょうか?

最近はキティちゃんに代わり、ヤンキー系女子の定番サンダルとなりつつありますが、ホームセンターに類似品が大量に出回るほど、まさに“一世を風靡した”サンダルでした。
私もご多分に漏れず二足ほど履きましたが、類似品の氾濫と共に、いつしか家族共有の「つっかけ」へと堕落していきました。

事務系の仕事場でも、ワイシャツ、スラックスに足下はCROCSという方をたまに見かけます。

正確にはCLOG(クロッグ)と呼ばれるものですが、そんな使い道に鑑み、この際サンダルと呼ばせていただきます。

とにかく、軽くてクッションが良くて、通気性が良いので、履いていて楽、でもって、なんとなくオシャレというのが爆発的にヒットした理由だと思います。

しかしながら私としては、あまりに普及しすぎたことと、上述の“ヤンキー系女子御用達”の影響もあって、ここ数年は買い物に出掛けても、かなり増えたCROCSコーナーやCROCSショップにはほとんど目もくれず、よって3足目を買う気もまったくありませんでした。



(画像:wikipedia)

ところが、ひょんなことから届くようになった、CROCSからのメルマガを見てビックリ。

“サンダル”ばかりじゃなく、いつの間にか相当オシャレなフットウェアーを作っているではありませんか。

前置きが長くなりましたが、私のように、いまだに↑のサンダルだけだと思っていた方のために、本日はちょっとイカしたCROCSをご紹介してみます。



私がメルマガで「むむ?」と思ったのは、トップ画像の商品。

形こそクラシックなクロッグではあるものの、ソールの部分に独特なカラーと形状が施されています。

赤がトマト、グリーンがレタス、濃いめの茶色部分はパテ…と、ハンバーガーをイメージした、その名もまんま「Hamburger」


crocband™ hamburger clog:¥4,900 (税抜)

バンズ部分にあたるアッパーのカラーが落ち着いているので、チープ感がなく、一目見て、「欲しい!!」と思ったのですが、7/15発売のこの商品はとっくに完売しておりました。


気を取り直して、他にも楽しい商品がないかCROCSのサイトを覗いたら、樹脂製のクロッグだけでなく、キャンバス地のスニーカーなど、かなり商品が充実していたのです。




そんな中で、私が一番気になったのが、スニーカーの人気セレクトショップ「atmos」とのコラボ商品


hover atmos slip on men¥ 5,219 (税抜)

CROCSの人気スニーカー「フーバー」をベースにatmosが監修した、いわゆる“別注モデル”です。

シンプルなキャンバス地のスリッポン式スニーカーですが、ソールのラインやステッチが効いていて、なかなか存在感があります。

これも「欲しい!!」と思い、探したものの、3月発売ではもちろん完売。

他の色バリエーションなら、まだネットショップで買えるようです。

夏ももうすぐ終わりですが、この時期にピッタリなのがデッキシューズタイプの「beach line boat shoe」


beach line boat shoe men ¥ 5,695 (税抜)

シューレースはレザーなんですが、実はアッパーは合成樹脂でできています。

濡れても平気なので、プールや海に行くときには最高でしょう。

もうひとつ気になったのは、「ストレッチ・ソール・ローファー」という商品。


stretch sole loafer men¥ 7,124 (税抜)

特許出願中のソールは、どんな足裏の動きにもぴったりとフィットするそうで、簡単に折り曲げが可能。

アッパーも伸縮素材でできており、出張のときなど、バッグに忍び込ませるのに重宝するのではないでしょうか。

ただし、CROCSにしては、ちょっと値段が高い?




意外なことにCROCSはゴルフシューズが充実しています。

調べたところ、2007年にゴルフシューズメーカーを買収したそうで、そのノウハウを活かしての進出だと思います。


drayden 2.0 ¥ 8,552 (税抜)

こちらの「drayden」というモデルは、なんとアッパーにフルグレインレザーを使ったモデル。

CROCSも革靴を作るのか…とオドロキました。

しかし、そこはCROCS、サイドにはメッシュを採用しフットベッドとミッドソールには、ほとんどのスニーカーに採用している「クロスライト」という素材を使い、快適な履き心地と、軽量化を図っているそう。


左:preston 2.0 ¥ 9,505 (税抜) 右:karlson ¥ 12,362 (税抜)

他にもご覧のようにいくつもゴルフシューズが発売されていますが、いずれもアッパーにはレザーを使っており、これまでのようなカジュアル一辺倒のイメージはまったくありません。

adidasやNIKE、PUMAなどのスポーツブランドとやや雰囲気が異なるので、アスリートゴルファー然としたスタイルよりも、他人とはちょっと違ったオシャレを楽しみたいという方にオススメかもしれません。




更に私が気になったのは、レインブーツ…いわゆる「長靴」です。


左:georgie 2  ¥ 4,743(税抜) 右:wellie rain boot  ¥ 5,695(税抜)

reny 2.0 boot¥ 4,900 (税抜)


梅雨の時期よりも、春先に特に長靴のお世話になる私は、ホームセンターにあるいかにも「長靴」といったものではない、もう少し洒落たデザインのものがないかずっと探していました。

どれにしようか悩んでいますが、これでホームセンターの長靴とはおさらばできそうです。




他にもまだ数は少ないものの、ジョギングシューズなども作り始めているようですが、品揃えという意味ではレディスの方が断然充実しています。

huarache mini wedge ¥ 5,695(税抜)

基本的にはメンズの商品と同様のものが色違いなどで揃っていますが、特にレディスの場合、サンダル系の品揃えが豊富です。

それも、クロッグタイプのような「ペタンコ靴」だけでなく、モダンなサンダルも豊富なのです。

cyprus 4.0 heel  ¥ 5,695 (税抜)

中には←のようなかなりヒールの高い、「これCROCS?」と思うようなミュールもあって、見ていると今までのイメージが覆されます。

これまでCROCSといえば、「樹脂製の靴」ということもあり、なんとなくポップでチープなイメージが漂っていましたが、メンズのゴルフシューズなどを見ても、そうしたイメージを脱皮して、本格的なシューズメーカーへと変身しつつあるようです。

一説によると、ランニングシューズの市場で、adidasやNIKEなどに対抗するブランド作りを狙っているという話ですので、今後もCROCSの製品には要注目です。

『CROCS公式サイト』


同じカテゴリー(ざっき)の記事画像
2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!
『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング
10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由
おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に
Google検索テク…スゴイ精度の「画像検索」を試して見るべし!!
700℃の火を持つ危険性とは…JTマナーグラフィックギャラリー
同じカテゴリー(ざっき)の記事
 2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます!! (2015-01-01 14:53)
 『さくらがわーるどからこんにちは』2014アクセスランキング (2014-12-31 23:30)
 10年ぶりに復活の「ランクル70」がガッカリな3つの理由 (2014-08-30 03:32)
 おちおち片思いもできなくなる?…ストーカー厳罰化でLINEも対象に (2014-08-10 02:40)
 Google検索テク…スゴイ精度の「画像検索」を試して見るべし!! (2014-08-05 23:04)
 700℃の火を持つ危険性とは…JTマナーグラフィックギャラリー (2014-08-01 23:50)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。