では、本体レイアウトのレビューに続いて、「ほぼ日手帳2015」のカバーデザインをレビューしてみましょう。

ほぼ日手帳2015のテーマは「LIFEのBOOK 仕事も遊びも、わたしです。」
ビジネス向けのイタリア製ハンドメイドの革カバーから、漫画家のイラストがプリントされたものなど、カバーで全然印象が異なります。

是非あなたのLIFEに合ったBOOKを探してみてください。




今年のほぼ日手帳のラインナップは、過去最多となった昨年(95種類)よりぐっと絞られ、全76種類となりました。

メインとなる文庫サイズ(B6)の「オリジナル」が35種類、A5サイズの「カズン」が23種類、スリムな週間ホリゾンタルタイプの「WEEKS」が18種類という構成になっています。

まずはメインとなる「オリジナル」から、今年の注目商品をご紹介してみます。



これまでのファン以外からも注目を集めているのが、糸井重里氏が1994年に監修したスーパーファミコン用RPG「MOTHER2-ギーグの逆襲」とコラボした「Onett」です。



Onettとは、同RPGの最初の画面に現れる街の名前で、これを表紙にプリント、裏表紙にはその街の西にある「くちばし岬」がプリントされています。

私はまったくゲームに興味がないので「なんだこれ?」でしたが、既にゲーム系の雑誌やネット上で話題となっており、手帳に全く関心のない方達からも注目を集めているとのこと。

Onettにだけ特別特典として付いてくる「どせいさん下敷き」も、ファンにはたまらないようです。


Onettに付属の「どせいさん下敷き」


【Ornett カバー&本体セット】
・手帳カバー
・どせいさんの下敷き
・ カバー・オン・カバー
・ WEB SHOP購入特典付き
¥4,752 (税込・配送手数料別)

【Onett カバーのみ】
・どせいさんの下敷き付き
・カバー・オン・カバー付き
¥2,592 (税込・配送手数料別)




しょこたんことタレントの中川翔子さんとのコラボ商品が「マミタス」



愛猫の名前がそのまま商品名となったカバーですが、イラストも中川翔子さんが描いています。

イラスト部分はザラッとした手触りの生地を使い、毛並みの感じを表現しているそう。


【マミタス カバー&本体セット】
・カバー・オン・カバー付き
・ WEB SHOP購入特典付き
¥4,320 (税込・配送手数料別)

【マミタス カバーのみ】
・カバー・オン・カバー付き
¥2,160 (税込・配送手数料別)




5年目となる、ファッションブランド「ミナ ペルホネン」のとのコラボ商品は、昨年も抽選販売となった「piece」をはじめ数点用意されています。



今年の「piece」は、オリジナル用に明るい色の生地を使った「colorful mix」と、ダークな生地を使った「dark mix」の2種類が用意されました。



「piece」はカズン用にも用意されていますが、こちらは「colorful mix」のみとなっています。


【piece (オリジナル) カバー&本体セット】
・ WEB SHOP購入特典付き
¥15,120 (税込・配送手数料別)

【piece (オリジナル) カバーのみ】
¥12,960 (税込・配送手数料別)

【piece(カズン) カバー&本体セット】
・ WEB SHOP購入特典付き
¥21,600 (税込・配送手数料別)

【piece(カズン) カバーのみ】
¥17,820 (税込・配送手数料別)

pieceの抽選販売の受付は、9月1日午前11時から9月17日午前11時までとなっていますので、今年こそ、という方は忘れずにどうぞ。

他にも、ミナ・ペルホネンの製品は、四葉のクローバーが隠された「sometimes lucky」やちょうちょうが舞う「hane hane」に加え、定番柄「tambourine」にネオンカラーが採用されました。



「hane hane」オリジナル ¥6,480(カバーのみ¥4,320) 
カズン¥10,260(カバーのみ¥6,480)
「sometimes lucky」オリジナル ¥7,020(カバーのみ¥4,860)
「tambourin」オリジナル¥8,460(カバーのみ¥4,680) 
カズン¥13,500(カバーのみ¥9,720)


他にもいくつか注目商品を紹介してみます。

アンリシリーズ



イタリアの革職人アンリ・ベグラン氏によって、ひとつずつハンドメイドでつくられた高級革製カバーが「アンリ」

これまではペン差し部分がバタフライ式のストッパーとなっていましたが、2015版からベルト式に変わりました。

オリジナルには4色用意され、カズン用は「ボルドー」と「ナチュラーレ」の2色となっています。

こちらも数量限定のため、ウェブ限定の抽選販売となっています。

受付期間は「piece」と同じく9月1日午前11時から9月17日午前11時までとなっています。


【アンリシリーズ (オリジナル)カバー&本体セット】
・ WEB SHOP購入特典付き
¥43,200 (税込・配送手数料別)

【アンリシリーズ (オリジナル) カバーのみ】
¥41,040 (税込・配送手数料別)

【アンリシリーズ(カズン) カバー&本体セット】
・ WEB SHOP購入特典付き
¥65,340 (税込・配送手数料別)

【アンリシリーズ(カズン) カバーのみ】
¥61,560 (税込・配送手数料別)

tenp02〈刺し子織り〉



イラストレーターの福田利之氏のブランド「十布(テンプ)」の手帳カバー。

氏のデザインした柄を、福島県伊達市の刺子織職人が織り上げたものを表紙に使っています。

オリジナル用には紺とベージュの糸が、カズン用には白とライトグレーの糸が用いられています。


【tenp02〈刺し子織り〉紺 (オリジナル)カバー&本体セット】
・ WEB SHOP購入特典付き
¥6,480 (税込・配送手数料別)

【tenp02〈刺し子織り〉紺 (オリジナル) カバーのみ】
¥4,320 (税込・配送手数料別)

【tenp02〈刺し子織り〉白 (カズン) カバー&本体セット】
・ WEB SHOP購入特典付き
¥10,260 (税込・配送手数料別)

【tenp02〈刺し子織り〉白 (カズン) カバーのみ】
¥6,480 (税込・配送手数料別)

ジッパーズ

定番のジッパー付き手帳カバーが「ジッパーズ」

ミナ・ペルホネンで紹介した「tambourin」もジッパーズのひとつですが、これを含め、今年もオリジナルに5種類、カズンに4種類が用意されました。

その中でも生地にこだわったのがニットのツイードを使った「TWEED」とフェイクファーを使った「フェイクファー」



ぱっと見は小物入れのようで、これを手帳カバーと思う人は少ないのではないでしょうか。


【フェイクファー (オリジナル) カバー&本体セット】
・ WEB SHOP購入特典付き
¥8,100 (税込・配送手数料別)

【フェイクファー (オリジナル) カバーのみ】
¥5,940 (税込・配送手数料別)

【TWEED Red (オリジナル) カバー&本体セット】
・ WEB SHOP購入特典付き
¥9,720 (税込・配送手数料別)

【TWEED Red (オリジナル) カバーのみ】
¥7,560 (税込・配送手数料別)


SSAC(ザック)

今年新登場の、さらっとした伸縮性のあるシリコン素材でできた手帳カバーが「SSAC」



表紙のフラップ部分はマグネットで留まるようになっています。

素材の特性を活かし発色もきれいなカバーは、オリジナル用に4色が、色違いでカズン用に2色用意されています。

「SSAC」は、カバーのみでの発売となります。


【SSAC (オリジナル) カバーのみ】
¥1,296 (税込・配送手数料別)

【SSAC (カズン) カバーのみ】
¥1,944 (税込・配送手数料別)


WEEKS用も注目の商品をひとつご紹介しましょう。

ボールのようなことば

毎年、糸井重里氏が自分の書いた原稿の中から心に残る言葉を拾い上げて、一冊の本として出版している「小さいことば」シリーズ。

その2012年出版の作品のタイトルをそのまま使った商品。

漫画家の松本大洋氏が装丁画を手がけており、その絵をそのままカバーにプリントしたものです。

布クロスにプリントすることで、 まるでキャンバスに描いたような印象のカバーとなっています。


【松本大洋 ボールのようなことば (WEEKS)】
¥2,592 (税込・配送手数料別)


以上、22日に発表となった「ほぼ日手帳2015」から、気になった商品を紹介してみました。

9月1日からは、全国のLoFtにも「ほぼ日手帳2015」が並ぶと思われますが、ウェブ限定発売のものも多いので、特に人気の商品は早めに注文されることをオススメします。



『ほぼ日手帳2015 全ラインナップ発表!』







2015手帳特集記事一覧

同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事画像
今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方
新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め
プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50
2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊
かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10
手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編
同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事
 今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方 (2015-02-11 04:26)
 新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め (2015-01-02 12:30)
 プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50 (2014-12-23 03:17)
 2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊 (2014-12-16 00:50)
 かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10 (2014-12-06 01:25)
 手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編 (2014-11-23 13:35)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。