“伝説のノート”MOLESKINEは19世紀後半にフランスの小さな製本業者によって作られ、パリの文具店で売られ人気を集めました。

愛用者にはゴッホやピカソなどの芸術家も多く、その中の一人、作家のブルース・チャトウィンがモグラを表す「モレ」と、革という意味の「スキン」を併せてモレスキンと呼んだのが命名の由来と言います。
黒いハードカバーに丸みを帯びた角、ノートを留めるゴムバンドといった、モレスキンノートのデザインは、今もこれを真似たものが数多くのメーカーから発売されるほど、完成されたデザイン。

そんなモレスキンの伝統を受け継ぐダイアリーが、今月7日に発表になりました。

ダイアリーも進化を続け、2015年版は全62種類が発売になっています。

本日は、そんなモレスキンの2015ダイアリーの中から、新製品や限定品を中心に、おすすめの定番商品などご紹介してまいります。




最近カラー表紙が加わったり、コラボ商品が増えたことで、多少選択肢は拡がりましたが、基本的にはハードカバーかソフトカバーを選ぶ以外、デザインでの選択肢はありません。

その分、本体のレイアウトはバリエーション豊かに用意されています。



この辺りは、手帳本体の選択肢は少ないけれども、カバーの種類が豊富な「ほぼ日手帳」の対極にあると言えます。

冒頭の解説で書いたように、そもそもこのデザインこそがモレスキンの最大の特徴でもあるわけで、「手帳カバー」という概念は元からありません。

その他の特徴としては、ノート同様180度パタンと開く糸かがり綴じや、裏表紙に付いた拡張ポケットなどが挙げられます。

以上の特徴を踏まえると、必然的に「ほぼ日手帳」のような個性豊かなカバーの紹介ではなく、主に手帳のレイアウトの紹介となることをご理解ください。

ということで、MOLESKINEダイアリーの簡単な特徴を紹介したところで、2015年版ダイアリーを見て参りましょう。




今年の新製品は、これまでモレスキンのダイアリーにはなかった、胸ポケットなどに収まるスリムサイズ(8cm×15cm)ダイアリーです。



レイアウトは、2010年の登場以来、一部のファンから熱烈に支持されている「パノラマタイプ」となっています。

パノラマとは、縦長の手帳をデッサン帳のように横にして開き、そこに週間バーチカルがレイアウトされたもの。

手帳は左右に開くもの、という概念を覆したダイアリーですが、このサイズなら週間ホリゾンタルタイプが王道の“いかにも”な手帳と違い、見た目も使っている姿も、なんとなくオシャレな感じがします。

モレスキンらしい製品で、私も是非手に入れようと思っています。


【スリムパノラマダイアリー / ハードカバー / スリムサイズ】
・サイズ : 8x15x1cm
・レイアウト: パノラマ週間バーチカル 144ページ
・カラー : Black Red
¥3,456(税込)




各メーカーから発売され、いずれも人気となっているミニーやミッキーマウスとのコラボダイアリー。

モレスキンではこれまでノートだけでしたが、いよいよ2015年版からダイアリーにも採用されました。



サイズはポケットとラージの2タイプで、それぞれ週間ホリゾンタルの「ウィークリー+ノートブック」と、1日1ページの「デイリーダイアリー」が用意されています。

また、モレスキンダイアリーにはステッカーなどのおまけが付属していますが、限定ミッキー&ミニーダイアリーには、組み立て式の卓上ペーパークロックが付いてきます。

カレンダーもプリントされているので、卓上カレンダーとしても使うことができます。


【限定版 ミニー&ミッキーマウス / ハードカバー】
・ウィークリー
 サイズ:(ポケット)9x14x2cm (ラージ)13×21×2cm/144ページ 
 カラー : Black/Red
 ポケット:¥2,462(税込) ラージ:¥3,348(税込)

・デイリーダイアリー 
 サイズ:(ポケット)9x14x2.4cm (ラージ)13×21×2.4cm/400ページ
 カラー : Black/Red
 ポケット:¥2,786(税込) ラージ:¥3,780(税込)


【限定版】スターウォーズ

他にも定番となっている限定品では、「STARWARS」シリーズが4タイプと充実。



2015年版から「反乱軍」と「銀河帝国」のイラストが追加となりました。


【限定版】ピーナッツ

こちらも定番の「PEANUTS」シリーズは、ホワイトの表紙が新鮮です。




【限定版】星の王子さま

「星の王子さま」シリーズは、白の表紙に明るめのターコイズカラーでイラストがシルクスクリーンプリントされています。



いずれの限定品もミッキー&ミニー同様、ラージサイズ、ポケットサイズに、ウィークリーとデイリーが用意されています。



限定品も年々人気が集まっているようで、すでにほとんどがOnline Shopでは完売状態となっています。

楽天などのネットショップにはまだ在庫があるようですので、手に入れたい方はお早めにどうぞ。

以上が2015年版の新製品、限定品のニュースですが、ここからは定番ダイアリーや、注目のダイアリーをいくつかご紹介してみます。




Weekly Vertical (バーチカル)

種類の豊富なウィークリーの中で、一番人気はこのバーチカルタイプ。



その分、レイアウトも豊富で、見開き1週間、8時から20時までの時間軸を記載したオーソドックスな「バーチカル」に加え、トップで紹介した「パノラマ」タイプも用意されています。


【ウィークリーダイアリー バーチカル】
・ポケット(9x14x1.3cm) 144ページ ¥2,376(税込)
・スリムパノラマ(8×15×1cm) 144ページ ¥3,456(税込)
・ラージ(13×21×1.3cm)144ページ ¥3,240(税込)

また、このバーチカルをベースにして、ビジネス向けに4タイプが用意された「プロフェッショナルダイアリー」シリーズもラインナップ。

プロフェッショナルダイアリー/ダッシュボードダイアリー


ダッシュボードダイアリー / ハードカバー / ラージ

「プロフェッショナルダイアリー」シリーズに昨年加わった「ダッシュボードダイアリー」の特徴は、ビジネスに合わせて6時から20時まで時間軸が記載された見開き1週間のバーチカルタイプダイアリーの他に、週間to-doリスト、メモスペース、月間カレンダーのすべてが見開き2ページに収められた機能的なレイアウト。



巻末には9ページの横罫ノートと、切り離し可能なto-doリストが8ページ用意されています。


【ダッシュボードダイアリー / ハードカバー / ラージ】
・13×21×1.5cm 160ページ
¥3,240(税込)

「プロフェッショナルダイアリー」シリーズは、このTodoリストのレイアウトがキモで、「アクションダイアリー」は、見開き1週間の左側ページに4日分を配置することで、右側ページ1日分をTodoリストとして配置しています。

また、「タスクマスターダイアリー」は、見開き1週間のダイアリーページに続いて、見開き2ページのTodoリストをレイアウト、4ページで1週間をタスクするダイアリーとなっています。

こうして見るとわかるように、「プロフェッショナルダイアリー」は、タスクマネージメントを目的としたダイアリーです。


Weekly Horizontal (ホリゾンタル)

見開き1週間で、縦に日付が並ぶオーソドックスな週間ダイアリー。



各サイズ、罫線ありと罫線なしが用意されています。


【ウィークリーダイアリー ホリゾンタル】
・XS (6.5×10.5×1.3cm) 160ページ ¥1,447(税込)
・ポケット (9×14×1.3cm) 144ページ ¥2,376(税込)
・ラージ (13×21×1.3cm) 144ページ ¥3,240(税込)

週間ホリゾンタルのバリエーションとしては「スケジュール+ノートダイアリー」があります。



その名の通り、見開きの左ページにホリゾンタルで1週間を配置し、右側がノートになっているダイアリーです。

こちらのレイアウトも一般的で、多くのメーカーが採用しています。

ちなみに、限定版キャラクターのウィークリーダイアリーは、すべてこの「スケジュール+ノートダイアリー」です。

また、同レイアウトで2014年7月~2015年12月までの18ヶ月間が記録でき、値段はそのままというお得な「18ヶ月ダイアリー」もあります。


【スケジュール+ノート 】
・ポケット (9x14x1cm) 144ページ ¥2,376(税込)
・ラージ (13×21×1cm) 144ページ ¥3,240(税込)
・Xラージ (19x25x1cm) 144ページ ¥3,348(税込)




ゴッホやピカソも愛用した“伝説のノート”…のイメージから、モレスキンノートは、デッサン帳やスクラップブック的な使い方をする人も多く(my Moleskine参照)、ダイアリーでもそうした使い方をするとなれば、これはもう1日1ページの「Daily Diary」ということになるでしょう。



私もラージを3年間愛用していますが、当初は多くのテキストを書き込んでいたものの、年を追うごとに減り、今ではスクラップブックと化しています。(「ほぼ日・モレスキン…ラクして楽しいフォトダイアリー」参照)

ビジュアルでライフログを残すのには良いですが、とても持ち歩く気になれないほどの分厚さと重さがネック。


【デイリーダイアリー】
・XS ( 6.5x10.5x2.4cm) 416ページ ¥1,555(税込)
・ポケット (9x14x2.4cm) 400ページ ¥2,700(税込)
・ラージ (13×21×2.4cm) 400ページ ¥3,672(税込)


デイリーダイアリー カラーダイアリーボックス

「Daily Diaryを使いたいけど持ち運びが…」という方のために、分冊版である「デイリーダイアリー カラーダイアリーボックス 」が用意されています。



きれいに色分けされた12冊のDaily Diaryは、これを綴じるボックスが用意され、1年分の記録を保存できるようになっています。

1ヶ月分だと、長期のスケジュール管理が難しくなりそうですが、これを解消すべく、巻頭には見開き2ページで4ヶ月分のバーチカル(縦型)タイプの月間スケジュールが用意されています。

しかも、この月間スケジュールは2015年1月〜2016年12月まで2年間分を記入できるようになっています。


【デイリーダイアリー カラーダイアリーボックス】
・ポケット (9x14x5.8cm) 各冊64ページ ¥5,616(税込)


以上、MOLESKINE(モレスキン)の2015年版ダイアリーをいくつか紹介してみました。

上述したDaily Diaryに限らず、モレスキンは大きさや重さがネックになることがあるので、実際に手にとって自分にあった1冊を選ぶのが良いと思います。

既にOnline Shopでは売り切れの商品もあり、専門ショップである「MOLESKINEアトリエ」にもすべてが並んでいるか不明ですが、扱うショップも増えてきましたので、是非「MOLESKINE取り扱い店舗」をチェックしてみてください。

『MOLESKINE』




2015手帳特集記事一覧

同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事画像
今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方
新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め
プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50
2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊
かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10
手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編
同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事
 今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方 (2015-02-11 04:26)
 新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め (2015-01-02 12:30)
 プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50 (2014-12-23 03:17)
 2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊 (2014-12-16 00:50)
 かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10 (2014-12-06 01:25)
 手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編 (2014-11-23 13:35)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。