1954年にフランス・マルセイユに本社工場「Editions Quo Vadis」が設立されて今年でちょうど60年。

現在も多くの人から支持される「バーチカルダイアリー」を“発明”したのが「QUO VADIS(クオバディス)」の創始者ベルトラミです。
本日は、誕生から半世紀以上も、多くの人々から支持されているバーチカルの元祖、アジェンダプランニングダイアリーを作り続けている「QUO VADIS」の2015ダイアリーをご紹介します。






QUOVADISの製品を紹介するのに、他のレイアウトは考えられません。

よって、本日はこれまでのダイアリー紹介と違い、このQUOVADISの美しいウィークリーバーチカルをご覧いただき、製品の魅力をご理解いただければと思います。





EXECTIVE 16×16cm

QUOVADISの“発明”したダイアリーは「アジェンダプランニングダイアリー」と呼ばれるものですが、特徴は商標登録されている2つの機能です。


EXECTIVE NOTE/16×16cm

1つは左右見開きで、月曜から土曜を時間軸で縦割りに、日曜日は下部にレイアウトした、利便性を追求したフォーマット。

「どのようなライフスタイルにおいても、整理された時間管理へと常に導いてくれる」という、ウィークリーバーチカル。

そしてもうひとつが、今でこそTodoリストなどと言われますが、クオバディスが「Dominante® (ドミナント)」と呼ぶ、その日(もしくはその週)の最優先事項を記入する項目です。

まさに、今も多くのメーカーから発売されているウィークリーバーチカルタイプは、1952年にベルトラミの発明したこのレイアウトを踏襲しているわけです。


BUSINESS PRESTAGE 10×15cm

クオバディスのダイアリーは、サイズ毎に土日のレイアウトが多少変わりますが、8時から22時の時間軸、3ヶ月のカレンダーが記載されるのが基本です。


時間軸は30分毎、土日も同レイアウトの「H24/24 16×24cm」

中紙はホワイトとクリームの2種類があり、クリームの用紙は、フォントや印字の黒と赤がクラシカルな印象で、


日曜日の書き込みスペースがない「President / 21×27cm」

ホワイトにはゴシックのフォントと、文字色にターコイズブルーが使われ、現代的な印象のデザインとなっています。




また、オーソドックスなバーチカルだけでなく、最近はちょっと変わったレイアウトのダイアリーも発売しています。


横長リング綴じの「Agendascop / 30×10cm」

横長リング綴じの「Agendascop 」は、横に開いて使う珍しいレイアウト。

上段には十分な書き込みスペースが設けられているので、メモをたくさん書くという人には便利でしょう。


見開き2週間を一目で見渡せる「Bi-Planning / 17×8.8cm」

横に使うタイプのレイアウトは「Agendascop 」同様ですが、こちらは見開きで2週間を上下に配置した「Bi-planning」

メモ欄はごく少なくなりますが、一日の時間管理と中期の管理が同時に行えるレイアウトとなっています。

他にも、バーチカルの元祖ではありますが、今年発売となった月間ブロックタイプや、


「Monthly Notes / 16×16cm」「Monthly Notes Prestige / 16×16cm」

デイリータイプも用意されています。


デイリータイプの「ABP1 / 13×21 cm」


ちなみに、ウィークリーだけでも相当なラインナップですが、クオバディスの製品は日本語表記の「ジャパンエディション」以外にも、タイプによって、「フランスエディション」や「イングリッシュエディション」、「マルチラング」などがあります。



英語表記やフランス語表記の商品には、日本の祝日のシールが付いてきますが、お買い求めの際はこちらもチェックした方が良いでしょう。




美しいバーチカルダイアリーを包むのは、ごくシンプルな革製が王道です。

今年のオススメは、昨年Quo Vadisのブランド生誕60周年を記念して数量限定で作られたコードバンでできたその名も「Cordvan cover(コードバンカバー)」


Cordovan Cover 16×16cmカバー(数量限定) ¥43,200(税込)

好評のため、今年も数量限定で発売となったようです。

もちろんもこんな高価なカバーばかりではありません。


Executive エグゼクティブ/クラブ ¥3,996(税込)

ビビッドなカラーの合皮カバー「クラブ」は、ホワイトのステッチがアクセントになっています。

また、MOLESKINEのような平ゴム使いの、一体型ダイアリーもあります。


Executive Notes エグゼクティブノート/アバナスムース ¥3,024(税込)

他にも、カバーはいくつも用意されていますが、やはりクオバディスのイメージから、シンプルな革製が中心になっています。

クオバディスしか使えない!!…という方は、一生ものの革製を、初めて使ってみるという方は、合皮カバーから始めてみると良いのではないでしょうか。


というわけで、QUOVADISの2015ダイアリーをご紹介してみました。

ウィークリーバーチカルのフォーマットは、ほとんどのメーカーが用意していますが、H24/24やPRESIDENTのように、1日を時間軸だけで区切るようなレイアウトはさすがに見かけません。

この辺りを見ても、まさに時間管理に特化したダイアリーと言えるでしょう。

また、フレンチな香りが漂うデザインは、国内メーカーのものとはやはり雰囲気が違いますね。

バーチカル好きなら、一度は使ってみたいダイアリーではないでしょうか。




2015手帳特集記事一覧

同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事画像
今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方
新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め
プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50
2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊
かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10
手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編
同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事
 今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方 (2015-02-11 04:26)
 新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め (2015-01-02 12:30)
 プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50 (2014-12-23 03:17)
 2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊 (2014-12-16 00:50)
 かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10 (2014-12-06 01:25)
 手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編 (2014-11-23 13:35)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。