1932年にフランスのヴェリヤック兄弟が『ヴェリヤック兄弟社』を設立、1934年に製品の商標として登録された「RHODIA(ロディア)」

誰もが一度は目にしたことがあるだろう、ブロックメモでおなじみのブランドですが、そんなロディアから、80周年を迎える今年、初のダイアリーが発売になりました。
そのから

「RHODIA」の代名詞とも言えるブロックメモ

本日は、「Webplanner」と命名されたこの新製品をご紹介します。

「Webplanner」のフォーマットは週間レフトの1種類、サイズはA6とA5の2種類となっています。



ポケットサイズのA6は、月曜から土曜日までの6日間を左に、日曜日を右ページ下段に配したレイアウト。



大きめA5サイズは、左ページに月曜はじまりの1週間を均等に配し、右ページ下段に3ヶ月分のミニカレンダーを配したレイアウトとなっています。

特徴は、左ページの日付が中央に配置されていることと、8時から21時までの時間軸を左右2段に振り分けていること。



レフトタイプには珍しく、オンタイムの時間帯だけではありますが、細かな時間管理ができるようになっています。

ロディアらしさは、右側のメモスペースにあります。



ロディアのアイコンともいえる5mm方眼のフリースペースには日付毎の区切りもなく、まさブロックメモのように自由な使い方が可能となっています。

アイボリーペーパーにグレーのラインは、ブロックメモでも上級ラインとして使われているもの。

中紙には、レギュラータイプのブロックメモよりもやや厚めのベラム紙を使用しています。




表紙はイタリア製の丈夫な合成皮革を使った、人気のハードカバーのバンドタイプ。

モレスキンを真似たデザインは、裏表紙のポケットまでぬかりはありません。


裏表紙の見返しポケット


フォントや印刷の出来などを見てみると、国内メーカーの製品と明らかに雰囲気が異なりますが、これも発売元がQUOVADISジャパンであることを考えると納得です。

狭い左ページの時間軸は、大きな文字を書く方や、太めのボールペンではやや記入に難がありそうですが、RHODIAのブロックメモを愛用する方にオススメの一冊と言えそうです。

『ウェブプランナー』
(A6) 90mm×140mm/144ページ
¥2,700(税込)
(A5) 140mm×210mm/144ページ
¥3,780(税込)

『RHODIA』





同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事画像
今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方
新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め
プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50
2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊
かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10
手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編
同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事
 今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方 (2015-02-11 04:26)
 新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め (2015-01-02 12:30)
 プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50 (2014-12-23 03:17)
 2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊 (2014-12-16 00:50)
 かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10 (2014-12-06 01:25)
 手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編 (2014-11-23 13:35)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。