9月より手帳ブログと化している当サイトですが、地域活性化を標榜する私としては、どうしてもこの時期書かずにいられないネタがあります。

2006年よりブランド総合研究所が行っている「地域ブランド調査」の結果がそれ。
しかしながら、記事を書くのにワクワクするような話ではありません。

というのも、ここでも書いてきましたように、都道府県ランキングの調査が始まった2009年以来、2012年を除いてわが茨城県はずっと最下位だったからです。

最下位脱出の2012年にしても、46位とビリから2番目でしたし、ランクアップの理由が、被災地として知名度が上がったことや、震災復興のイベント等によるものという、言ってみれば「同情票」のようなものでした。

さて、そんな「地域ブランド調査」の本年度の結果が、一昨日発表され、メディア等でも報じられました。

ワクワクしない調査結果は、トップの地元紙一面トップの記事写真でもおわかりの通り、もちろん今年も最下位でした。





当初は調査方法が…だの、サンプル数が…だのと、斜に構えた見解をしていた私も、ここまで鉄板でビリだと、もはや「全国で一番魅力のない県なんだ」ということを受け入れざるを得ません。



ましてや、そんな茨城にあって、特に魅力的とも思えない桜川市に住まう者としては、調査結果はわかりませんが、「日本の底辺にいるんだ」というような気分にさせられます。



とはいえ、それで愛郷心がなくなるかといえば、決してそんなことはなくて、「住めば都」で一番落ち着くし、他に移り住もうという気にもなれません。

結局、その土地で暮らすことと、全国的なリサーチによる魅力度は、個人的に見ればあまり関係がないのかもしれません。

県もこうした結果を踏まえて、「なめんなよ♡いばらき県」キャンペーンを張って魅力度アップに努めてきたことは、ここでも何度も紹介してきましたが、その甲斐あってか調査結果では「地域への愛着心」は確実にアップしているそうです。

ブランド総合研究所によれば、「地域ブランド」とは、

地域ブランドとは、ある地域にある商品やサービスなどが、地域外の消費者からの評価を高めて、地域全体のイメージ向上と地域活性化に結び付けるものである。たとえ地域発のヒット商品であったとしても、それが地域のイメージ向上や地域活性化に結び付かないようでは、それは「地域ブランド」とは言えない。

だそうです。

でもって、なぜ地域ブランドが必要なのかというと、

A.消費者からの信頼がなければ、市場には残れない (消費者の視点)
B.付加価値を高めなければ、勝ち残れない (商品の視点)
C.地域を活性化するために、地域の魅力を高める (地域や住民の視点)

からなのだそうです。

「勝ち残る」というと、なんとなく経済学の話のようですが、言い換えれば「地域(街)が生き残る」ということになるのでしょう。

人口動態調査などの予想を見ても、少子化が進む日本にあって、「消滅可能性都市」はどんどん増えています。

生きているうちにわが街がなくなってしまわないように、毎年のこうした調査結果を糧に、いくらかでも地域の魅力度アップに貢献できればと思います。


※関連記事
『「なめんなよ♡いばらき県」THE MOVIE公開!!』
『市区町村版レッドデータブックで見えてきた桜川市消滅の危機』





同じカテゴリー(ちいき)の記事画像
ヤマザクラの魅力…目のつけどころが芽なんです2015
「ご当地メシ決定戦!2014」グランプリ決まる!!…龍ヶ崎コロッケは?!
ご当地メシ選手権決勝…龍ヶ崎コロッケがトップ独走!!
なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を検証してみた(後編)
なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を個人的に検証してみた
“魅力度全国最下位”いばらきのPR映像『Discover IBARAKI』公開
同じカテゴリー(ちいき)の記事
 ヤマザクラの魅力…目のつけどころが芽なんです2015 (2015-04-04 01:48)
 「ご当地メシ決定戦!2014」グランプリ決まる!!…龍ヶ崎コロッケは?! (2014-09-20 17:15)
 ご当地メシ選手権決勝…龍ヶ崎コロッケがトップ独走!! (2014-09-04 23:39)
 なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を検証してみた(後編) (2014-08-13 01:40)
 なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を個人的に検証してみた (2014-08-12 02:41)
 “魅力度全国最下位”いばらきのPR映像『Discover IBARAKI』公開 (2014-08-07 00:56)
この記事へのコメント
まぁ、魅力のわかんない人はほっておいて、茨城生活楽しみましょう。

茨城県には順位を上げたいとこなんでしょうが、別に低くたって、居住者が満足してりゃいいですよね。
Posted by ゆきるる at 2014年11月15日 21:15
>>ゆきるるさん

お返事が遅れました。
まさに最下位の理由は、ゆきるるさん仰るように、住みやすいのであまり危機感がないことにあるんでしょうね。
確かに住みよいのが一番です。
私も茨城生活を楽しんでいますし。

ありがとうございました。
Posted by ugug at 2014年11月17日 11:51
茨城県民ですが、"住みやすい"同感です。東京にも自然にも近いし、沖縄も北海道も2時間ちょいで行けますからね!会社には関西や横浜などの県外から転勤して来た方が、次々と家族を呼んで茨城で家を買う人が多くて、住みやすさからかなぁ…と思ってます。
Posted by くー at 2016年12月03日 11:21
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。