『2015手帳の使い方…手帳を楽しくするテクニック』でも紹介しましたが、近年手帳を彩るシールやスタンプは、ますます種類が豊富になってきました。

しかしながら、手帳の書き方が百人百様であるように、本当に個人のニーズに合ったものを見つけるというのは、なかなか難しいものです。
自分の使い方にぴったりあった、オリジナルのシールが作れたら…

そんなニーズに応える商品が、先月26日にキングジムから発売になりました。

「ひより」という名前の、オリジナルシールプリンターです。



“ゆるい”5種類のボタンに割り振られたフォームにしたがって入力するだけで、誰でも簡単にオリジナルシールが作れる便利アイテム。

この「ひより」の特徴を簡単にご説明します。





フォーマットは5種類、先のボタンはそれぞれのフォーマットに対応しています。



1cm角程度のワンポイントシールです。

このシールを作るには、別売のパンチ(¥550)が必要となります。



パンチには交換できる5種類の抜き型(各¥380)が用意されています。





シールの長さは手帳の枠幅に合わせて作成することができ、月間ダイアリーの1週間分のような長さのシールも作成が可能。

また、文字以外にも、絵文字が369種類、ライン枠が16種類、時計のデザイン10種類、ハンコ作家のデザインによるKIMOCHIイラストが20種類内蔵されています。



映画や本、お店などを5段階で評価するときに便利な「RANK」シールも、ボタン操作で簡単に作ることができます。



先に紹介したハンコ作家のデザインによる「KIMOCHI」シールは、デザインを選ぶだけなのですぐにプリントが可能です。

以上が「ひより」の機能ですが、使用するテープも豊富に用意されています。



5種類のフォーマットと、5種類の抜き型、そして、これらのテープを組み合わせることで、さまざまなデザインのシールが作れるというわけです。



手書き文字だけの手帳に飽きた方や、地味なスケジュール表をもっとカラフルにしたい女子にオススメの製品です。

ちなみに、ネーミングの「ひより」ですが、既に発売されている同様の製品に「こはる」があり、“小春日和”からとったものと思われます。

本体サイズは幅145mm×奥行95mm×高さ40mmと、机の上に置いても邪魔にならない大きさ。

価格は¥7,400(税別)となっています。

『キングジム スケジュールプリンター「ひより」』





同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事画像
今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方
新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め
プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50
2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊
かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10
手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編
同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事
 今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方 (2015-02-11 04:26)
 新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め (2015-01-02 12:30)
 プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50 (2014-12-23 03:17)
 2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊 (2014-12-16 00:50)
 かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10 (2014-12-06 01:25)
 手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編 (2014-11-23 13:35)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。