横浜を本拠地にする市民団体「日本手帖の会」が主催するイベント『手帳100冊!書き比べ総選挙』が、今年で3回目を迎えます。

このイベントは、手帳総選挙実行委員会が選ぶ100冊の手帳に自由に試し書きをしてもらい、人気投票を行って順位を決するというもの。
今年は、銀座、横浜、大阪、神戸、台湾の計5つの会場で開催されています。

既に10月4・5日に銀座会場(東急ハンズ銀座店)で、25・26日には神戸会場(NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店)で開催されており、銀座会場での投票結果も出ています。




今後は、来週11月8日(土)・9日(日)が大阪会場(NAGASAWA梅田茶屋町店)で、11月23日(日)・24日(祝)に横浜会場(横浜市なか区民活動センター)で開催される予定で、この4会場での結果を総合し、12月1日(月・手帳の日)にお台場の東京カルチャーセンターにて表彰式が行われる予定となっています。

本日は、そんな『手帳100冊!書き比べ総選挙』銀座会場でのランキングベスト5をご紹介してみたいと思います。






スライド手帳/あたぼう



昨年度の総選挙で1位に輝いた「スライド手帳」が、今回の銀座会場でも1位となりました。

ご覧の通りシステム手帳…正確には「リフィル」なので、1年1冊を良しとする私的には納得のいかない結果ではありますが、確かに1位に選ばれるだけの工夫が施された手帳、いや、リフィルです。

システム手帳の最大のデメリットは、中央のリング部分が左ページを書くときに邪魔になるというものですが、左右どちらにもリング穴を設けることで、これを解消してしまった、そのギミックがウケたのではないでしょうか。

言葉でも画像でも、これを説明するのは面倒なので、動画でそのギミックをご覧ください。



右ページが書き終わったら(週が終わったら)、これを左に差し替えることで、いつでも記帳部分が右に来るということ、そしてこれによって常に前の週の情報が左ページにある、という2つの利点を備えたリフィルです。

このホリゾンタルタイプの他に、レフト、バーチカル、横置きバーチカル、珍しいライトなど、フォーマットも豊富に用意されています。


スライド手帳(リフィル) (A5)148mm×210mm ¥250~ (バイブル)97mm×117mm ¥514(税込)

『スライド手帳』



EDiT B6/MARK'S



当ブログでもアクセスの多い、EDiTが第2位となりました。

事前選考で100冊の中に選ばれたのは「EDiT B6/草間彌生」ですが、カバーがポケットになっていることも評価につながったようです。


EDiT B6/草間彌生デザイン 135mm×188mm(B6変型) ¥3,456(税込)

『MARK'S』
『「EDiT」でおなじみMarksのラインナップ紹介』




ジブン手帳mini/コクヨ



2014年グッドデザイン賞を受賞した『ジブン手帳』の2015年版から発売となるminiが第3位となりました。

まだコクヨのサイトにも掲載されておらず、あまり騒がれていませんが、人気の『ジブン手帳』のB6版です。

B6スリムサイズでも、A5スリムのオリジナル同様、「DIARY」「LIFE」「IDEA」の3冊構成は変わりません。


ジブン手帳 mini 115mm×188mm(B6スリム) ¥3,456(税込)

『ジブン手帳2015』
『ジブンのすべてが、この中に「ジブン手帳2015」』




MOON PLANNER/MOON PLANNER



4位には変わり種、月の満ち欠けに応じて記帳欄の大きさが変わる「MOON PLANNER」がランクイン。

ページのはじまりが新月または満月からとなっており、見開き2週間~16日という変則的なレイアウトとなっています。

直感的に月の状態がわかるというわけで、月の満ち欠けを意識しながら生活したい人向けの手帳。

1冊で半年分となっています。


MOON PLANNER 128mm×182mm(B6) 46ページ ¥860(税込)

『MOON PLANNER』



キャンパスダイアリー/コクヨ



第5位には、定番の『キャンパスダイアリー』がランクイン。

ダイアリーをいつものノートと同じように使えるところが人気です。

2015限定で発売となった、女性向けのカラフルなドット柄の表紙も高評価となったようです。


キャンパスダイアリー 
(セミB5) 225×179mm ¥850(税抜)
(A5) 210×148mm ¥790(税抜)
(B6) 148×105mm ¥720(税抜)


『キャンパスダイアリー2015ラインナップ』
『コクヨのロングセラー「Campus」の2015DIARY』

以上、『手帳100冊!書き比べ手帳総選挙』銀座会場でのランキングトップ5をご紹介しました。

ちょっと意外な結果でしたが、5位以下には納得の人気商品が揃っています。

せっかくなので10位までご紹介してみます。

6位 MDノートダイアリー
/ミドリデザインフィル


MDノートダイアリー 1日1ページ(文庫)
¥2,376(税込)

『MDノートダイアリー特設ページ』
『ォーマット別2015手帳選び…「デイリー(1日1ページ)」』


6位 ほぼ日手帳オリジナル
/東京糸井重里事務所


ほぼ日手帳オリジナル(リフィル) ¥2,160(税込)
カバー ¥1,620~


『ほぼ日手帳2015 WEB SHOP』
『2015手帳戦線…「ほぼ日手帳2015」全76種類が発表に』

8位 ジブン手帳
/コクヨS&T


ジブン手帳 ¥3,800



『ジブン手帳2015』
『2015手帳戦線…ジブンのすべてが、この中に「ジブン手帳2015」』


9位 ほぼ日手帳WEEKS
/東京糸井重里事務所


ほぼ日手帳WEEKS ¥1,944(税込)~




『ほぼ日手帳2015 WEB SHOP』
『2015手帳戦線…「ほぼ日手帳2015」全76種類が発表に』


10位 ILEKO CALENDER
/プロダクトデザインユニットTENT


ILEKO CALENDERLIHIT 2015 ¥2,030(税込)





『iLEKO CALENDERLIHIT 2015』


結果を見ると、やはり女性が多かったのかな?という印象を受けます。

特に4位の「MOON PLANNER」は、特殊な手帳だけに好き嫌いが分かれると思うのですが、100冊もある中では逆に斬新さが注目を集めたのではないでしょうか。

ちなみに昨年の総選挙トップ5は以下の通りとなっています。

第1位 スライド手帳/あたぼう
第2位 ブラウニー1年手帳/ブラウニー
第3位 ジブン手帳/コクヨ
第4位 EDiT B6/MARK'S
第5位 ほぼ日手帳オリジナル/東京糸井重里事務所


果たして残る3会場(台湾は結果に反映せず)での結果がどうなるのか…

12月1日の手帳の日を楽しみにしましょう。

『日本手帖の会』




同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事画像
今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方
新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め
プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50
2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊
かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10
手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編
同じカテゴリー(てちょう・ぶんぐ)の記事
 今ならまだ間に合う…続けられる手帳の書き方 (2015-02-11 04:26)
 新しい手帳の最初に何を書くか…2015年手帳始め (2015-01-02 12:30)
 プロが選んだ2015年度版手帳ランキング50 (2014-12-23 03:17)
 2015年をともに過ごす、私が選んだ手帳3冊 (2014-12-16 00:50)
 かなり???な「2015手帳総選挙」ランキングトップ10 (2014-12-06 01:25)
 手帳とともに持ち歩きたい厳選文具2015…装飾系アイテム編 (2014-11-23 13:35)
この記事へのコメント
スライド凄いアイデアですよね(^q^)
あ!過去記事であたしFIELD手帳気になってます!
方眼か無地が大好きです(●´ω`●)
ブログ
ameblo.jp/0721ash/
で辿り着くと思いますが
glareと書いてぐれあで、やってますンヾ(●´∇`●)
ネームレスリバティです。
例のオリジナル手帳は埋もれてるかもだけど気になるの有ればコメ出来るのでコメ残して行って下さいo┐ペコリ
んじゃ又ヾ(´∇`)ノ
Posted by ぐれあ at 2014年11月04日 07:24
こんにちは!!コメントありがとうございました(´∀`*)褒めて頂き嬉しいです!消しゴムはんこ本見ての全くの自己流でちゃんと習った事も無いのです(・・*)ゞ
まだオリジナルの図案は簡単な物しか浮かば無いのでイラストの本とかを元に最近やっとアレンジもする様になりました 苦笑
でもはんこ図案では無いので彫る時は色々大変ですけど楽しみながらやってますめっちゃ没頭して良いです(*´艸`)☆。.:*・゜
お買い物記事とか飛ばして読んでOKなので!アタシも又コメしに伺います!基本的に返信はこちらで書くと思います(^q^)
ではでは♪
Posted by ぐれあ at 2014年11月05日 13:25
>>ぐれあさん

いえいえ、こちらこそありがとうございます。
自己流であれだけのものを作れるというのは、やはり才能ですね。
イラストが描けたら更に手帳が楽しくなるだろうなぁ、と自分の絵心のなさを嘆いています。
でも、ぐれあさんのお話を聞いていると、楽しさが伝わってきて、イラスト本を真似れば私にも消しゴムハンコが作れるんじゃないか?という気になってきました。
マジ、チャレンジしてみようかと思っています。

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ugug at 2014年11月05日 16:54
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。