2008年09月27日

違う祭りかと思ったよ

違う祭りかと思ったよ

予告したとおり桜川市がNHKで紹介された。

         「筑波祇園祭」

あれ?なんで“筑波”?
番宣がコピペだったんで気づかなかったけど「真壁
祇園祭」じゃないよ、これ。

自分の知る限り「祇園祭」とか「祇園祭典」という
呼び方の違いはあっても、「真壁」が「筑波」にな
ったりはしないと思ったんだけどなぁ。

五所駒瀧神社のHPでは「夏祭り祇園祭」という表
記なので頭に付けるのが「筑波」だろうが「真壁」
だろうが良いってことか?

まぁ、知名度ということで言えば「筑波」の方が断
然上だと思うので、意図的にこうしたのかも。

でも、あれだけ厳格なしきたりを持つ祇園祭なの
だから、呼称だって徹底的に拘るべきだと思うん
だけどなぁ。

なんでこんなことにツッコミを入れるかというと、実
は私、sspのblogに紹介すべく一所懸命「真壁祇
園祭典」について調べたことがあるのだ。

『街並みだけではなかった伝統再発見!!
                「真壁町祇園祭典」 』


↑を覗いてもらえば(読まなくとも良いです)わかる
けど、それなりに知識は持っているつもり。

blogでは特に、町内間や世話人間の厳格なしきた
りを中心に書いたのだけれど、NHKでもの辺を紹
介していたので興味深く見守ってた。

この番組はNHKが1963年から1981年まで放送し
ていた「新日本紀行」で放送されたものを「当時の
映像と比較しなが地域の風土や暮らしを見つめ直
す」というもの。

祇園祭が放送されたのは1978年、今からちょうど
30年前になるわけだけど、当時の様子が映し出さ
れたら、なんとこんなナレーションが流れるのだ。

「今よりも厳格なしきたりが残っていた30年前…」

時代と共に簡略化されていくんかなぁ。

ちょっと寂しい思いがした。

その後更に、

「30年前は若い衆が全部準備していたが、現在は
お年寄りばかりで…」

高齢化が進んでいるのは確かかも知れないけど
「お年寄りばかり」ってことはないだろうに。

当番幹事が石材業だったからか、地場産業であ
る石材業の低迷も話題にし、

「厳しい時代にあっても、かたくなに守る伝統」

みたいな流れになっていた。

なんとなくNHKの意図が見え隠れしてる。

無理矢理「暮らしを見つめる」ための構図を作っち
ゃってるよね。

まぁ、そんな偏屈な見方をしていても仕方ないん
だけど、ちょっと気になったので。

そういえば、画面には見た顔が何人も登場してい
たけれど、大老のあの方の姿が見えなかったよ
うな.....残念。

違う祭りかと思ったよ
『新日本紀行ふたたび』

同じカテゴリー(ちいき)の記事画像
ヤマザクラの魅力…目のつけどころが芽なんです2015
今年もがっちり最下位キープ!!…2014都道府県魅力度ランキング
「ご当地メシ決定戦!2014」グランプリ決まる!!…龍ヶ崎コロッケは?!
ご当地メシ選手権決勝…龍ヶ崎コロッケがトップ独走!!
なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を検証してみた(後編)
なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を個人的に検証してみた
同じカテゴリー(ちいき)の記事
 ヤマザクラの魅力…目のつけどころが芽なんです2015 (2015-04-04 01:48)
 今年もがっちり最下位キープ!!…2014都道府県魅力度ランキング (2014-10-10 01:30)
 「ご当地メシ決定戦!2014」グランプリ決まる!!…龍ヶ崎コロッケは?! (2014-09-20 17:15)
 ご当地メシ選手権決勝…龍ヶ崎コロッケがトップ独走!! (2014-09-04 23:39)
 なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を検証してみた(後編) (2014-08-13 01:40)
 なめんなよ♡いばらき…『茨城のおきて』を個人的に検証してみた (2014-08-12 02:41)
この記事へのコメント
NHKは前にも、「里山の暮らし」として特集した番組でも
土浦と筑波の映像の地名表記がちがうとどこかでクレームされていましたね。
Posted by ササミねこ at 2008年09月27日 23:39
>>ササミねこさん

へー、そうだったんですかぁ。
今回は映像の地名表記じゃなくて、番組のタイトル
そのものが違っちゃってるんだから凄いです。

それよりも気になったのは、30年前の放送がか
なりやらせ臭かったことです。
まだあの頃は騒がれていなかったから、NHKの
シナリオに従って撮影されていたんじゃないかなぁ。
で、番組の趣旨が「30年前との対比」なので、変
なことになっちゃった、と(笑

ありがとうございました。
Posted by 代表ug at 2008年09月28日 08:22
[30年前の放送がかなりやらせ臭かった]
とのことですが、どの場面でどのようなことがそう思えたのか是非とも教えてください。
Posted by 山崎 at 2008年10月01日 20:03
>>山崎さん

山の中(?)で、数名の世話人が口上の練習をして
いたところとか、五町内の集まりの「はい、スタート」
みたいな始まりかたとか、そんなところです。

あ、もちろん何らかの確証があってのことではな
いですから、もし気を悪くされたならすいません。

単に自分が「そんな雰囲気を感じた」というだけで
もし世話人の方達が、「全然そんなことはない」と
言うならその通りなのでしょう。
Posted by 代表ug at 2008年10月02日 08:04
返答ありがとうございます。大変参考になります。
タイトルについてもお触れですが、30年前のタイトルもご存知で発言されているわけですね?
Posted by 山崎 at 2008年10月02日 12:50
>>山崎さん

いいえ、まったく存じておりませんでした。

調べてみましたら

「筑波祇園祭考―武士制度の残る町―
 ~茨城県真壁町~」

ということのようですね。

筑波祇園祭という呼び方を今まで聞いたことが
なかったし、真壁町の方の口からも、またポスター
にも「真壁祇園祭」とあるので違和感を感じたの
です。
Posted by 代表ug代表ug at 2008年10月02日 13:29
そうですか。過去は知らずに指摘したというわけですね。
『街並みだけではなかった伝統再発見!!
   「真壁町祇園祭典」 』
も拝見させていただきました。

大変充実した内容で勉強になりましたし、
この「真壁祇園祭」にはかなりのこだわりをお持ちと内容からも想像いたします。

五所駒瀧神社の例祭、正確には「真壁町祇園祭典」と言われる
とありますが、放映の中では
真壁町夏祭祇園祭典 とさきほどご指摘の
「数名の世話人が口上の練習をして
いたところ」の紙でも
現在の挨拶文でも私は確認いたしましたが、
「正確には」の根拠ございましたらお聞かせいただきたいのですが、いかがでしょう?
Posted by 山崎 at 2008年10月02日 17:50
>>山崎さん

うーん、指摘したというほどのことではないんです
けどねぇ。

sspブログに書いた時のソースは「真壁祇園祭典」
のHPをだったと記憶しています。
(現在は公開されていないようです)

記事を掲載する際は、了承もいただきました。
Posted by 代表ug代表ug at 2008年10月02日 18:53
なるほど。
すべて人が言ったから書いてあったからということですね。
大変参考になりました。ありがとうございました。
個人のブログにこのような質問を失礼かと思いましたが、いっつ・あ・さくらがわーるどの代表の方との紹介が記載されていたので、どのようなお考えかお尋ねしてみたく筆?をとりました。
気分害されたら点ございましたら大変申し訳ありませんでした。失礼いたします。
Posted by 山崎 at 2008年10月02日 20:16
>>山崎さん

はい、その通りです。
私は記者でもなければ、学芸員でもないので、
ぶっちゃけ大した情報収集力があるわけでは
ありません。

ましてや、仕事の傍ら市内外のまちづくり事例に
ついて毎日記事を書くとなれば尚更…

なので、ひとつの事例に関して、当事者またはそ
の事例に詳しい方からすると「それは違う」という
部分も多々あるかと思います。

もちろん、ご指摘をいただければ、訂正すべきと
ころは訂正しますし、気分を害されるようなことが
あれば謝罪すべきところは謝罪するつもりではい
ます。

ただ、blogという媒体を考えてみれば、特に私の
ようになんの社会的な地位も持たない人間の書
く記事に、社会的な影響力があるとも思っていま
せんので、そこまで考えて記事を書いているわけ
ではありません。

特にここでは、他の記事を見ていただければお
わかりのように、非常に私的で不真面目な記事
ばかり書きつづっておりますことをご理解いただ
きたく思います。

それから、更に誤解を与えるような書き方で申し
訳ないのですが、私は「いっつ・あ・さくらがわー
るど」の代表ということではなく、「いっつ・あ・さく
らがわーるど」の管理人「代表ug」ということです。

どこでも「代表ug」というHNを使っているもので、
つい、ここでも使ってしまいました。

「いっつ・あ・さくらがわーるど」は、市民有志が集
まって運営するサイトであり、私もその一メンバーとい
うことです。

申し訳ございません。

重ねてご理解いただければと思います。

今後とも「いっつ・あ・さくらがわーるど」をよろしく
お願いいたします。

ありがとうございました。
Posted by 代表ug代表ug at 2008年10月03日 08:27
ほーほー、なかなか為になる話ですねえ。

山崎さんのような学識経験のある立派な方に参加してもらえたら、あの会議も画期的に活性化するのでは?
Posted by ぼっこれおやじ at 2008年10月03日 08:58
社会的な地位も持たない人間の肩書き

サクラサク里プロジェクト代表、未来塾観光交流部会長と、桜川市のまちづくりの若手ナンバーワンとして活躍中。
茨城新聞のコラムや経済誌への執筆、自治体をはじめとする様々な場所でまちづくりについての講演活動を行っている。

ひゃ~
Posted by ちくらぽじじ at 2008年10月03日 14:03
誰だってまつがいやかんつがいはあるし、あまり嫌味なコメントはやめましょうよ。
景気も悪いし、あまりいいこともないけど、せめてこんなところでは楽しくやりましょう。ネタニマジレスカコワルイ になっちゃうかも。
Posted by ぱくぱく at 2008年10月03日 15:45
>>ぼっこれおやじさん

そーいう、火に油を注ぐようなことは言わないの。


>>ちくらぽじじさん

それは社会的な地位なのですか?

まぁ、その肩書きはもちろん自分が書いたもので
はなく、担当者が作ってくれたものなのですが、
それが社会的な地位だというのなら、私自覚が
全然足りません、いや全然なかったですね。

すいません。

まぁ、その肩書きでも(記事に)影響力があるとは
思えませんけどね(笑
Posted by 代表ug代表ug at 2008年10月03日 15:52
>>ぱくぱくさん

あ、自分的には“楽しく”やってるつもりなんです
けど(笑

根っからのネット依存症の自分ですから、こういう
のは慣れっこです。

ていうか、ワクワクしちゃってたりして。テヘ。
Posted by 代表ug代表ug at 2008年10月03日 15:57
おお、読み方によっては相手が逆でも意味が通るんだね。
両刃の刃だったか・・・ orz
Posted by ぱくぱく at 2008年10月03日 16:22
>>ぱくぱくさん

あ、あれはちくらぽじじさんに言ったものだと思っ
てますよ?

いいですねぇ、これだけコメントが入るとなんだか
人気ブログみたいですよ。

出来れば他の記事にもツッコミ入れてくれると嬉し
いんだけどなぁ。
Posted by 代表ug代表ug at 2008年10月03日 18:14
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。